毛玉と制服の手入れ

毛玉と幼稚園の制服の手入れについて

幼稚園の制服は、一般的にしっかりとした布地で作られているものの冬の衣類などは防寒などのためにウールなどが使われていることが多いものです。
そのために、布と布が擦れてしまうことや埃が多い場所に行くと毛玉というものが出来る確率が高くなっています。
毛玉とは、主に冬服の生地に多くできるものでありウールやその他の衣類の繊維が溜まったもので球状の埃の様なものです。
この様なものが衣類に付着していると、汚く見えることや衣類の品質が低下してしまうことがあるために、できるだけ早い段階で取り除くことが良いと言われています。幼稚園の制服は、基本的に夏季と冬季の衣類が分けられているものです。
特に夏季の衣類は、麻素材やナイロンなどの比較的風通しが良い素材でできているために毛玉というものはほとんど出来ないものとなっています。

しかし、冬季の衣類はウールなどが主なものとなっていることから、擦れた時などに繊維の一部がほつれることや擦れて色が変わるなどということがあるものです。
そのために、制服を扱う際には毎回丁寧にアイロンを当てることや陰干しすることが最も良いと言われています。
そうすることによって、繊維の状態を良くすることが出来る様になっています。幼稚園の制服のケアというものは、家庭で毎日行うことはもちろんのこと季節の変わり目などには確実なケアができる、クリーニングを利用することが良いと言われています。
そうすることによって、日々の生活で付着した汚れやシワなどを確実に整えることが出来る様になっています。

また、毛玉なども取り除くことができるということから、幼稚園の制服はできるだけ定期的にクリーニングなどに出した上で、利用することが最も良い方法であるとして知られています。
このことから、クリーニングの価格は比較的安いものになっており、利用しやすいものとなっています。また、幼稚園の制服に日常生活の上で毛玉やその他の汚れなどが付いてしまった時にはできるだけ家庭でケアすることが良いと言われています。
その方法としては、洗うことができる繊維のものであれば洗った後にアイロンを当てることが良いものの、洗うことができないものにおいては、陰干しを行った後にアイロンを当てることが良いと言われています。
そうすることで、繊維の間に溜まった埃や毛玉などを取り除くことができ、シワなども直すことが可能になっています。
このことから、最近では家庭で制服をケアすることが一般的なこととして知られています。

最新記事

  • 店舗での幼稚園制服の取り扱いについて 幼稚園の制服というものは、基本的に個人の身体の大きさに合わせられているも …

    店舗での取り扱い

  • 幼稚園の制服の傷み防止とテカリ除去 幼稚園児は、元気いっぱいに遊ぶので、制服が汚れてしまいがちです。また、給食 …

    傷みとテカリの防止

  • 幼稚園の制服の裾上げについてのマメ知識 幼稚園でも、制服を採用しているところは多くあります。 そのため幼稚園指 …

    裾上げについて