制服の上に着るコート

幼稚園の通園の際に制服の上に着るコートについて

制服が指定されている幼稚園も多いと思います。冬になると制服の上にコートを着る必要がありますが、幼稚園によっては、指定されているところもあるでしょう。しかし、指定がない場合には、どんなものを着せたらよいのか良いか、迷う親も多いのです。
もちろん、住んでいる地域によって、必要なコートは変わってきます。最近は、暖かい肌着も多く販売されているので、下着をきちんと着ていればコートを着用せず、パーカーやカーディガンだけでまかなえてしまう地域もあるでしょう。しかし、寒い地域ではどんなものが適しているのでしょうか。制服に合うものと言ってイメージする人が多いのがダッフルコートです。しかし、素材によっては結構重いので、通園の際に着たがらない子供が多いのも現実です。ダウンコートであれば、とても軽量な上に暖かく、プライベートでも活用頻度が高いので便利ではあるものの、ファスナーで開け閉めするタイプは子供によっては着用が難しい場合もあります。

日々の着脱を繰り返すとファスナーの開け閉めの練習になる場合もありますが、他の子供に比べてファスナーの開閉に時間が掛かるとコンプレックスになる子供もいるので注意が必要かも知れません。幼稚園によっては親が送り迎えする際に、コートは親が脱ぎ着させて家に持ち帰る場合も珍しくはないのですが、幼稚園に保管する場合には、フックに掛けられる紐がついたものかどうかも選択する大きなポイントになります。紐が付いていない場合にも、親が紐を取り付ければ問題ありませんが、着心地が悪くなる場合もあるので、幾つか候補がある場合には、紐があるかを確認するのも選ぶポイントと言えます。

また、幼稚園によっては制服に合う色のものが推奨されている場合もあるので、可能であれば入学する前に、その幼稚園の傾向を確認すると良いでしょう。コート選びで一番重要なのは子供が気に入っているかどうかです。最終的には子供に試着させて、自分で脱いだり着たりできるのか、長時間着用しても問題ないのか、気に入るデザインなのかがポイントです。子供の成長は早く、少し大きめのものを購入しても着用できるのは長くて2年ほどです。しかし、気に入ったものであれば、通園の際に制服の上に着るだけでなく、プライベートやお出掛けの際に登場の機会が増え、コストパフォーマンスは高くなると言えます。多少、予算をオーバーしても子供が気に入ったものを購入すれば、一番の良い選択をしたことになるでしょう。