成長期や消耗度を想定

幼稚園児の制服は成長期や消耗度を想定して採寸

幼稚園は年少、年中、年長とがあり、入園年度に満4歳になる子供の3年制保育過程が年少となり、満5歳で入園する2年制が年中となります。公立、私立とありますが、それぞれに制服んいついても異なります。イージーオーダーなど採寸を取り入れたものを用意するのは、主に私立に採りいれられています。公立では、平均的なサイズ展開で提供している場合や、通園着となるものの用意は得に必要なく指定のスモッグ、体操着のみという園もあります。費用は公立では1万円以内で済むことに対して、私立はおよそ3倍~5倍近くの費用が必要となっていることが主流です。幼稚園で使用する制服は、夏服冬服の2シーズン準備することとなります。その他、体操着や水着、お絵かきや図工など室内教育やレクリエーションで使用する室内着を揃えることが必須です。入園前と入園後の指定された日にシーズン毎の販売の日があります。採寸を行う業者も着ています。入園前には1年間の成長過程を見越して、おおよその身長の伸び率を計算して業者が採寸を行ってくれます。

ウエスト部分はゴムとベルトで調整できるような仕組みとなるものが主流です。裄や裾に関して、数cm余裕を持って生地を折り込み仕立てて、あまりにも短くなった場合もその部分を出せるようになっています。幼稚園の制服代は、余裕を持って準備しておく必要もあります。大人のように服が破れたり、汚したりと気を配って着こなしが出来る子供は少ないと言えるからです。夢中になって遊び、水溜りの中に通園服のまま飛び込むなどということもあります。汚れはクリーニングで落ちますが、大きく破れてしまった場合には、かけはぎによって修復する他、新たに準備することとなります。そのため、制服注文時には、毎日洗濯するシャツやブラウスは2~3枚、ブレザー、帽子は必要性を感じる方はもう一枚、ズボン、スカートは大抵スペアで2着ずつは用意をすることとなています。幼稚園児は1年間に身長4~5cm平均で身長が伸びます。

少し余裕を持った制服採寸が行われるのが主流となっていますが、あまり大きすぎる物も機能性としては、子供にとっては辛くなります。採寸は、上着の場合は肩、裄、着丈、胸囲をズボンやスカートは、胴囲、ヒップ周り、股上、着丈と計りますが、イージーオーダーを取り入れているため簡略的に行われ、基本サイズに沿って仕上げられます。それらは、幼稚園の制服を専門に採寸を行っている業者が判断してくれます。長年様々な子供の体型を見ているので、アドバイスをしながら適したものを準備してくれます。